問題意識を持とう|害獣駆除を依頼する|駆除方法を事前に把握しておこう

害獣駆除を依頼する|駆除方法を事前に把握しておこう

問題意識を持とう

害虫

現在日本では、以前は日本に生息していなかった動物たちが問題となっています。これは外来種と呼ばれる動物たちで、日本以外の国で生まれ育ってきたものです。ペットブームの中で犬猫以外の珍しい動物を飼うことも人気となり、現在害獣とされているもののほとんどがペットとして輸入されてきたことがきっかけで日本にやってきたものなのです。犬猫と同じような感覚で飼い始めたものの、実際は飼育やしつけが大変難しく放棄してしまう人が続出しました。その結果、野生化した外来種は外で繁殖を繰り返して増加していき、畑や住宅に被害をもたらす害獣となったのです。また、ノミやダニだけでなく様々な病原菌を持っている個体が多いと言われています。噛みつかれたり引っかかれたりすることによって、ケガを負うだけでなく重篤な病気に感染する危険もあるのです。そのため、害獣にむやみに近寄ったり触ったりすることは絶対に避けましょう。また発見次第、早めに害獣駆除を行なってくれる業者に連絡することが大切です。早めに害獣駆除を行なわないと、その場所に住みついてしまうことでさらなる被害が発生する可能性があります。これ以上の繁殖を防ぐ意味でも、害獣駆除は必要なことなのです。害獣駆除というと可哀想に感じるかもしれませんが、放置して害獣の数を増やしてしまうことは大きな問題なのです。すでに日本に元々いる生態系に影響を及ぼしていることもあり、外来種の害獣問題は深刻なものであるという意識を持つことが必要です。